グローバルカンパニー【ブックマラソンvol.36】

Vol.36 グローバルカンパニーを開催しました!!

<参考図書>

10年後の仕事のカタチ10のヒント シリコンバレーと、アジア新興国から考える、僕達の仕事のゆくえ

アジアで働く いまはその時だ

アジアで働くことになった君へ 世界で通じるマネジメント力を身に付ける本

グローバルキャリア ―ユニークな自分のみつけ方

(今回は一つの本を読んでまとめて発表!ではなく、複数の本からエッセンスを抽出してスライド化してもらいました♪)

 

さてさて、今回は参加者全17名! ということで、非常に多くの方にご参加いただけました!

(今回新たにご参加いただいた方、いつもご参加いただいている皆さま、ありがとうございます!)

DSC09302

そして、今回の発表者は外資系企業に勤めるつぼっち!

多忙な仕事生活を送る中で、時間をつくって資料をまとめてもらえました。本当にありがとう!

DSC09370

テーマは”グローバルカンパニー”ということで、

①グローバルマーケットの実態

②グローバルカンパニーの戦略・方針変更、HQや人材の移転

③グローバルで働く上でのポイント

上記を中心テーマとして、プレゼン&ディスカッションを行いました。

【プレゼン内容サマリ】

・Asia最大の国(中国やインド)は世界の工場(モノを作る場所)から世界最大のマーケット(モノを売る場所)へ変化

⇒ex.中国のEC市場規模は8年後には8倍の市場規模へ

・海外進出ではなく、”海外移転”

⇒グローバリゼーション(人材の流動)やオートメーション(AIの発達・ロボット)、クラウドソーシング(安価で時間を問わない)の台頭により、今の自分の仕事が無くなる!?

・外資系企業で働く上ではこんなことが大事になる

⇒ユニークさ(強みと領域の組み合わせ)、意思(雇うor雇われる側の意思)、マネジメント力(多くの利害関係者を巻き込む力、仕組み構築力)

【ディスカッションテーマ】

「自分が今現在取り組んでいる仕事が、数年後に何かに置き換えられ、別の何か(誰か)がやっていることを想像してください。それはどんな場所で、何を、誰が、どんな風にして、変わると思いますか?」

⇒ローカルとセントラルでの意思決定の違い、人口の変化と知的集約型産業への移行、AIの現状と今後、人材市場において起きていることetc..

こんなことをメイントピックとして、熱いディスカッションを行いました♪

 

DSC09357 DSC09345 DSC09343 DSC09316

そして大切な URA WORKS飯!!

今回は大島の名物、鶏ダシでいただく冷たいお茶漬けをいただきました(^-^)

DSC09295

<参加者からのFEEDBACK>

○人材に関するローカリゼーションは特に日本が独特で、年功序列/新卒採用/終身雇用などまだ会社側がローカリゼーションしないといけないけど、いずれ制度も崩れグローバル標準化されるなかで自分の立場はどうなるか…とか
○モノづくりの世界ではいかに設計情報を作れるかが価値になる(例:Appleだとモノをつくるのはアジア。)じゃあ、ITにも営業として知的生産は何か…とか

まだまだ話したいことがあるので、是非またこの機会を持ちたいです!:) ありがとうございました!

=====================

【テーマについて】
今現在は、日本人である強みを活かし日本からロールアウトする仕事や日本にロールインする仕事に需要を見つけられています。ただこの先日本を軸とした仕事が減少していく中で、それでも食いっぱぐれないようにするにはどのような素手力が必要なのか?考えるきっかけになりました。ぜひ、今後もディスカッションしたい内容です!
【ウラワークスについて】
同年代の皆さんが日曜の朝から熱心に勉強されていることに感銘を受けました。ぜひ今後も参加させてください!

=====================

今日はありがとうございました!
私の業務の中でも、労働集約型の内容は地方に委託しています。そしてそれは将来アジア圏に広がることは容易に想像できるなと感じます。
知的資源の部分でさえ10年、20年たてばその役割は世界に移行するだろうし、AIも、、、
2年前、転職を考えた時からずっと危機感を抱いています。
今日の会で改めて自分の価値を見直してみようと思いました。

余談ですが、AI化の話をしている時ふとドラえもんの世界を思い浮かべました。
ドラえもんの世界で、絶対職を失わないのは誰でしょう?
やはり開発者でしょうか。
AIが感情を持つ頃には人間の価値はまた新しい領域に入ってなければならないのだろうなぁ(再度、余談です。)

=====================

それでは、今回のレポートは以上です♪

新規に参加希望の方はfacebook上でメッセージを送っていただくか、もしくはURAWORKSホームページのContactUs(http://bit.ly/1jKNWxl)より、ご連絡をお待ちしてます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中