ブックマラソンvol.21 〜教育〜

vol.21開催しました!

10576934_683111575105247_6777957040553194273_n

さて、今回のテーマは「教育」第2弾!

今年の1月に実施した第1弾では、

世界はひとつの教室 「学び×テクノロジー」が起こすイノベーション』を題材に、自分たちが受けてきた教育を振り返りつつ、未来の教育についてディスカッションを行いました。

※第1弾のレポートはこちら⇒ブックマラソンVol.8『教育』

 

「教育」と一口に言っても、家庭教育や学校教育、社内教育などなど、切り口は様々ですが、今回は「学校教育」を主軸テーマとして実施しました。

「学校教育」は私たちが成長していく上で、必ず通る道。

非常に身近なものであるがゆえに、興味関心が湧きやすいテーマでもあります。

 

皆さんは「学校教育」と聞いて、気になるトピックはありますか?

 

今回はブックマラソン史上初の【ディスカッション ONLY】ということで、

■今と昔の教育の違い

□ホームスクールの可能性

■学校教育×テクノロジー

□知育

etc…

参加者が今気になっている教育に関するトピックをいくつか取り上げ、「学校教育の5年後はどう変化するか」をメインの題材として、グループごとに熱い議論⇒意見をまとめて発表という形式で進めていきました♩

・学校が抱える構造的・制度的な問題はどうしたら解決されるんだろう?

・時代の高度化に伴って、教育者のリテラシーも変わっていくのだろうか?

・少子高齢化・IT化・グローバル化が学校教育に及ぼす影響ってどうだろう?

現状⇒未来を推測し、5年後はどう変わっているか、どうあってほしいかを議論しました。

10704871_689917137758024_1058681595_n

そして、グループごとの発表が終わり、最終的には、

・そもそも学校教育の目的って何だろう?

・国家・親・子供それぞれの立場で考えるとどう変わってくるんだろう?

・国力アップ、子供のリスクヘッジ、選択肢の最大化、最適な選択をする力を身につける

etc…

それぞれの立場から、あらためて俯瞰的に教育を議論をしてみました。

10706613_689917124424692_1669103292_n

10695232_689917131091358_297538403_n

※議論詳細を伝えるのがとても難しいので、詳しくは<参加者のFEEDBACK>をご覧ください(汗

 

最後は恒例のあんじゅご飯!

今回も皆で楽しく話をしつつ、<和食>ランチ堪能しました♩

10704823_689917127758025_899819265_n

10695136_689917121091359_409298139_n

次回の開催は、10月5日(日) テーマは『チームマネジメント』です。

※新規に参加希望の方はfacebook上でメッセージを送っていただくか、

もしくはURAWORKSホームページのContactUsより、ご連絡をお待ちしてます。

以上、レポ担のゆうすけがお送りしました〜

<参加者のFEEDBACK紹介(※一部抜粋)>

=========================

教育の目的・あるべき姿など、教育に関するどのトピックを論じる場合でも、誰にとっての教育なのかという視点を考えないと議論が拡散するんだなという難しさを感じました。こういう難しいテーマだからこそ、こうやって様々なバックグラウンドをもつ人たちでディスカッションしたり価値観を話し合ったりする機会が大切であり、すごく面白いことだなと感じました.。

=========================

教育の目的ということで、リスクヘッジと選択肢を広げるためという意見がとても共感できた。また選択をするという力を育成する教育はほんとにほんとに必要だと思った。この観点は今まで全然もったことがなかったので新しかった。教育は国が記録として残したいと選択したものであり、フィルターがかかっていることを認識した上でフラットに事実を捉えるという力を一緒に育てる必要がありそう。

=========================

今回一番悩んだのは、
教育とは誰のためにあるのかでした。

・国力増加
・学校の収入を増やすため
・個人の選択肢を増やすため
・個人のリスクを減らすため
などなど。

ここで感じたのは、
政治家は国の視点で見るし、
学校は収益で見るし、
個人は個人を見るという当たり前のことです。とすると、僕達が今できることは、
個人に焦点を当てて、どう変化させていくかだと思います。

=========================

気づき

・選択肢を与える教育と、選択肢から決断するための教育

・5年後のキーワードは、IT化、少子高齢化、グローバル化

・教育の目的。国は国力最大化、親はこどもの幸せ、子は義務

・IT教育と英語教育は日本に利益をもたらすのだろうか

アクション

・選択肢から決断するための教育について考えてみる

・こどもの幸せを考え、アウトプットしてみる

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中