■□ブックマラソンVol.9 &第2回 交流会

■□ブックマラソンvol.9
1月26日、vol. 9開催しました!
今回のレポ担当はAnjurianです♪
今回のテーマは「未来の働き方」。

前半では、著者が示唆する未来の社会変化について考えてみました。
2050年には日本の若者(20~29歳)の人口は40%減少する。大きな人口構造の中で次の3つの大きなパワーシフトが起こっているそうです。
パワーシフトその1 大組織から個人へ byIT革命
優位性を失う大企業/国家を超え始める企業と個人/個人の意思で選べる未来
パワーシフトその2 先進国から新興国へ byグローバリゼーション
通用しなくなる国内だけの論理/ホワイトカラーの労働力を持ち始める新興国 /新興国から逆流するイノベーション
パワーシフトその3 ストックからフローへ by人生の長期化
医療の技術が進化し先進国の平均寿命は100歳へ。 100年スパンで考えなければいけない人生計画?!「一生ひとつの仕事」は非現実的/経験・スキルを活かしたキャリアの上り方「ストック型」から時代の変化に合わせて自分を変化させられる「フロー型」へ/人間関係も「深い・濃い、ストック型」より「どこでも時に合わせてプロジェクトを組めるようなフロー型へ」
そんなパワーシフトの中で、いま、若者の間で「働く意味」が変わってきている?
惜しげもなく大企業を辞める若者、海外で働く若者、お金がなくても幸せな生き方を考える若者・・
流動的で変化のスピードがものすごい早い未来社会の中で企業で働くとは??
ディスカッションでは「ぶっちゃけ、あと何年今の企業で働く?」という話で盛り上がりました。

後半パートではそんな未来に起こる社会変化の中で、「自分のやりたいこと・したい働き方」を実現するには?をワークシートを使用してどんなマインドチェンジと行動プロセスが必要か?をディスカッションを行いました。
参加者のフィードバックをご紹介★
———————————————————–
•違う職場の人と価値観を共有する場は新鮮でした。
「自分の実現したいこと」 × 「未来の外部環境変化」つまり(個人の価値観) × (価値観に関わらず発生する事実)の接点を見つけていくこと。
自分の人生の中で考えなければいけないポイントを非常に論理的に、提起された印象です。
外部環境変化はさけて通れない以上、
(1)「実現したいことを成し遂げるためのシナリオプランニング」を行い、実践していくか、
(2)そもそもの自分の価値観を変えてしまうことで外部環境に適応するか
といったテーマでのディスカッションだった。
個人的には上記どちらも今から動けだが。あまり考えたことのない・価値観の変え方を考えてみたいと思う。
————————————————————-

当日の様子・最新情報はfacebookにも掲載していますので、興味がある方はのぞいてみてくださいね。

次回もお楽しみに!

1.『未来の働き方について考えよう』 著者ちきりん

▼当日の様子

20140127 1158 20140127 1171 20140127 1186
20140127 1164

20140127 1174

20140127 1180

20140127 1183

20140127 1187